春日井さん(南山大学)
参加した決め手は今回ボランティアについて考えるために参加しました。ボランティアツアーとしては2度目の参加でもあったのでボランティアをするってどういうことなんだろうという思いで参加しようと思いました。バセコで印象に残ったことは、それはやっぱり笑顔。何を幸せとして生きるのか人それぞれだと思うけどその幸せに共通してるのは笑顔があるかないかなんだなって、物質的な貧しさの中でも心の貧しさは感じられないそんなスラム街、バセコでした。大学生との交流は、本当にフィリピンのひとのあたたかさに触れました。英語の大切さ、フィリピン人の心の優しさに実感しました。何かやらなきゃ行けないかなんて難しく考えるんじゃなくて笑顔を作れば良い、一番自分が楽しめば周りも含めて楽しくなるし全体が楽しい雰囲気になって、ずっといつまでも忘れない思い出になるから。そんな、記憶に残る活動をこれからもしていきたい。