岡田さん(中部大学)
1年前にも参加し、前回のフィリボラでできなかったこと、やりきれなかったことにチャレンジしたくて参加した。フィリピンでの生活基準に触れ、普段の生活で必要だと思うことと、なくてもいいと思うことを発見できた。普段の日本での生活が恵まれていることに気づいた。前のフィリボラで遊んだ子どもが、当時のメンバーを今でも覚えていた。それだけこのボランティアを楽しみにしているということと楽しかったということがわかった。さらに、自分たちが子どもたちに与えられたものもあったのだと実感した。大学生交流では、話しかけてくれた内容を理解して自分の英語で相手に返すことを繰り返して言葉のキャッチボールができると、その時だけは言葉の壁、国の壁を感じないとわかった。ツアー中も終わった後も夢をみているようで、普段の何気ない1日1日がここまで変わるのが信じられなかった。はじめは2回も行く必要があるのか、理系なのに行く意味があるのか、やれなかったことをやりたいってただのわがままではないかなどと考えていた。しかし、今では行ってなかったら後悔してたし、学生最後にもう一度フィリボラに参加できて本当によかったと思う。