市古さん(金城学院大学)
子供たちを初めて見た時は、貧しいため実際日本の子どもたちとは服装などの違いがある感じました。しかし遊んでみると1分で子どもたちと打ち解けられた気がしました。夜のみんなの話し合いの中で出た「笑顔は世界共通」という言葉がすごく響いて、その通りだと思いました。 大学生との関わりで印象に残ったことは、大学生たちの人柄の良さです。フィリピン大学生たちは皆明るくて積極的でした。フィリピンの大学生がうまく話せるのは失敗を恐れないからだと感じます。 このフィリピンボランティアのツアーを終えて、心から参加して良かったと思っています。楽しい思い出も悔しい思い出も、嬉しい思い出も辛い思い出もありますが、どの場面を思い返してもいつも『人』が関わっていると思います。経験や人脈、思い出など目に見えない宝物が一気に増えました。目に見えないからこそ一生忘れたくありません。さらに私にとっては自分について深く向き合えたことが大きな成長だと考えていて、このツアーに参加して良かったと思える点です。